ペプチドに副作用は?ペプチドの摂り方と注意点

ペプチドの効果的な摂り方は?

魚由来ペプチドは1日8g

ペプチドの摂り方

ペプチドといえば筋トレなどスポーツをする人がよく摂り入れていた成分でした。

 

しかし現在ではその幅広い働きが注目を集めるようになったことで美容対策、高齢者の健康対策などにも役立てられるようになっています。

 

その影響でペプチドに関するより詳しい知識が求められるようになり、目的に合わせた摂取方法などにも関心が集まっています。

 

ペプチドはどのように摂取すれば効果的なのか、じつははっきりと断言できる答はありません。

 

ペプチドの種類やどんな目的で摂取していくのかによって摂り方はもちろん、摂取量にも違いが出てくるからです。

 

もともとペプチドはアミノ酸が複数結合して作られた成分のため、結合したアミノ酸の数や種類によって内容に違いが見られますし、どんな素材から抽出されたものかによっても特徴に違いがあります。

 

それだけにあくまで自分の利用環境に合わせて効果的な摂り方を心がける必要があるのです。

 

魚や海藻由来のペプチド
・1日8g程度が目安
・食事だけでは難しいのサプリも取り入れる

 

大豆由来は運動・就寝前に

ペプチドの摂り方

一方大豆由来のペプチドは美容への働きに優れていると言われているため女性の間で注目を集めています。

 

そしてこの大豆由来のペプチドでは摂取のタイミングがとても重要です。

 

大豆由来ペプチド
・就寝前に摂取することで成長ホルモンの分泌を促す
→ターンオーバーの活性化や疲労回復に役立つ
・ダイエット目的の場合は運動前に摂取しておくと脂肪の燃焼を促す働きがある
・吸収が早いのが特徴なので、運動でも就寝でもはじめる前に摂取するのがよい

 

一方吸収がゆっくりなのが乳製品由来のホエイペプチドです。

 

筋トレで広く利用されているのもこのタイプのペプチドで、ゆっくり吸収されていく特徴を活かせる摂り方が求められます。

 

ホエイペプチド
・運動をした後に摂取することで筋肉の修復と強化を促すことができる
・運動前の2〜3時間後に摂取することで血中のアミノ酸濃度を保つ
 →筋力を効率よく強化できる環境をもたらすことができる

 

なお、サプリメントで摂取する場合には併せて配合されている成分の摂取量にも注意した上で適切な量を心がけましょう。

 

ペプチドそのものは安全性の高い成分ですが、他の成分の過剰摂取で問題が生じてしまう可能性もあるからです。

 

この点だけは注意し、自分なりに最適なペプチドの摂り方を探していきましょう。
血圧対策で使ってみたい健康茶口コミ人気ランキング>>

ペプチドはいつ摂るのがいい?

ペプチドの摂取量や摂るタイミングはどんなペプチドを摂取するかによって微妙に異なってきます。

 

また何を目的に摂取するかによっても違いが出てきます。

 

・筋肉を増やすにはトレーニング直後にホエイプロテイン
・美容目的のための運動では10〜20分前に大豆プロテイン
・疲労回復には運動後30分以内もお勧め
・集中力を高めたいタイミングの20〜30分前

 

ホエイプロテインで筋肉増量

ペプチドの摂る時間

たとえば筋肉トレーニングの際に摂取するプロテイン(おもにホエイプロテイン)はトレーニング直後に飲むのがよいと言われています。

 

それは美容目的にも通じる部分があります。一方ダイエット目的や大豆ペプチドを摂取する場合などにはまた事情が異なってくるのです。

 

筋トレの直後にペプチドを摂取するとよい言われるのはトレーニングによって筋肉が損傷を受け、回復をはじめる時期に摂取することで筋肉の増量を促すことができるからです。

 

美容目的にダンベル体操や腕立て伏せをやっている人などもこの点は共通するでしょう。

 

運動をした後には消費したエネルギーを補うことが大事ですが、なかなか食欲がわからないものです。

血圧お茶大豆ペプチドいつ

エネルギー補給の意味もこめてペプチドの摂取を摂りいれてみましょう。

 

また、トレーニングの2〜3時間ほど前に摂取することで血中のアミノ酸濃度を維持、筋力を高める働きもあるといわれています。

 

こちらはウォーキングを行う際などに意識しておくとよいかもしれません。

 

それが美肌目的に活用されることが多い大豆ペプチドに関しては体内への吸収が早いという特徴を活かした摂取のタイミングを心がけることが大事だといわれます。

 

運動に取り入れる際には10〜20分ほど前に摂取することで脂肪の燃焼効果を高めることができるとも言われており、ダイエットに非常に役立ちます。

 

こちらもウォーキングでダイエットを行っている方にオススメの飲み方&摂取のタイミングとなるでしょう。ただ、運動前なのであまり一気に飲みすぎないよう注意も必要です。

集中力アップやリラックスにも期待できる

ペプチドの摂る時間

疲労回復や就寝中のターンオーバーの活性化など役立てる場合には就寝前に摂取するのがオススメです。

 

就寝から1〜3時間ほど経過した頃から成長ホルモンの分泌が活発になりターンオーバーの活性化といった働きが見られるようになりますから、それをサポートする目的でペプチドを摂取するわけです。

 

疲労回復に関しては運動後30分以内に摂取するとよいとも言われています。

 

このように、ペプチドを摂取するタイミングは運動を取り入れる習慣があるかどうかとも関わってくるほか、目的やペプチドの種類・特徴によっても異なってきます。

 

あくまで自分が取り入れるペプチドに相応しい形で摂取していくようにしましょう。

 

なお、ペプチドは摂取後20〜30分後くらいに集中力アップや心身のリラックスをもたらす働きがあることがわかっているため、勉強や仕事に集中したいタイミングに合わせて摂取する方法もオススメです。

ペプチドは1日にどのくらいの量摂ればいい?

目安は1日4グラム

ペプチドの摂取量

ペプチドは1日にどれぐらい摂取すればいいのか?じつは摂取量に関してはまだはっきりとしていない面もあります。

 

ペプチドそのものに対する研究がまだ途上の段階ということもあり、摂取量に関してもはっきりした数字がないというのが現状です。

 

摂取量を決めるのを難しくしているのはペプチドの種類の多さと複雑さです。

 

ペプチドとはアミノ酸が複数結合した状態のことですが、どのような形で結合しているかによってかなり事情が異なってくるのです。

 

アミノ酸が2つ結合されているのか、それとも3つつながっているのか、

血圧お茶ペプチド摂取量

当然結合されている数が多いほど一度に多くの栄養を摂取できることになりますから、摂取量が少なくなるということになります。

 

こうしたペプチド特有の複雑な事情があるため、「1日に○○グラム」といったはっきりとした数字で摂取量を決めるのが難しいのです。

 

それでもある程度の目安は決められており、1日4グラムというのが一応の摂取量となっています。

 

この量の範囲内ならどんなペプチドを摂取しても過剰摂取などの問題を抱えるリスクは少なく安心して摂取していけるという形になります。

 

ただどんな形でペプチドを摂取するかによっても摂取量が異なってきますから、自分が摂取するペプチドの種類に合わせて摂取するようにしましょう。

大豆ペプチドは過剰摂取にならないように

ペプチドの摂取量

たとえば大豆ペプチドの場合、大豆由来の他の成分も摂取する機会が多くなります。

 

そのため過剰摂取に陥るとホルモンバランスの乱れといったトラブルを引き起こしてしまう恐れもあります。

 

大豆由来のペプチドに関しては1日4〜5グラム程度の摂取量を守った上で活用していくべきでしょう。

 

それから魚由来のペプチドは体への吸収率が高く優れた働きが期待できるとされている一方、動物由来のペプチドなどに比べるとアミノ酸の量が少なく栄養価がやや劣るといも言われています。

 

そのため摂取量はやや多めで1日8グラム程度までは摂取しても大丈夫だといわれています。

血圧お茶ペプチド骨粗鬆症

なお、高齢者の関節痛や骨粗しょう症にペプチドを活用するケースも増えています。

 

この目的では1日10グラム程度の摂取量が必要とも言われています。

 

大豆ペプチドを摂取する場合には他の成分との兼ね合いも注意したうえで適切な形で摂取していくことが求められるでしょう。

 

平均的な1日4グラムという数字は食事だけで毎日摂取していくのは難しいとも言われており、やはりサプリメントの活用が欠かせません

 

ですから一緒に配合されている成分の摂取量も踏まえたうえでの賢い摂取を心がけましょう。

ペプチドと一緒に摂りたい成分とは?

疲労にはタンパク質やアミノ酸、ビタミンB群が大切

ペプチドの相乗効果

サプリメントでペプチドを摂取していく場合には一緒には配合されている成分との組み合わせも大事です。

 

また食事での摂取を心がける場合にはメニューに幅を持たせつつ他の成分もうまく摂り入れていけるような環境づくりが求められるでしょう。

 

それだけにペプチドとの相乗効果が期待できるような相性のよい成分を知っておきたいところです。

 

まず基本中の基本はたんぱく質とアミノ酸です。

 

もともとペプチドはアミノ酸が複数結合されてなりたっているもので、たんぱく質とアミノ酸の中間のような存在です。

 

ですからたんぱく質とアミノ酸も合わせて摂取することてより効率よく補っていくことができます。疲労回復や滋養強壮、健康な肌作りを目指している人にとってはとくにこの点が重要になるはずです。

 

血圧お茶ペプチド筋肉増量

それからビタミンB群。たんぱく質やアミノ酸は皮膚や筋肉の原材料となるものですが、それも体内でいったん分解された後で再合成されたうえでの話です。

 

この分解から合成の働きがうまく機能しないとせっかくペプチドを摂取しても十分な効果が期待できない恐れも出てきます。

 

そのため再合成を促すビタミンB群は欠かせない成分といえます。日常の食生活でも摂取することが可能です。

 

しかし栄養バランスが偏りがちな現代人はこのビタミンB群が不足しやすい傾向があるのでサプリメントでもうまく摂取していきたいところです。

生活習慣病予防には不飽和脂肪酸

ペプチドの相乗効果

慢性的な疲労に悩まされている人やダイエットで食事制限を摂り入れている人はとくに重要です。

 

高血圧や動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病の予防にペプチドを摂り入れている場合にはDHAやEPAといった不飽和脂肪酸もオススメです。

 

必須アミノ酸による血圧を抑える働きに加えて血液をサラサラにする不飽和脂肪酸の働きによってこれら生活習慣病のリスクを抑えることもできるでしょう。

 

更年期前後の女性にはカルシウムも合わせて摂取していきたいところです。

血圧お茶ペプチド骨丈夫

ペプチドには骨粗しょう症を予防する働きがあるため、骨の材料になるカルシウムと併せて摂取することで相乗効果が期待できます。

 

あとはペプチドの老化を抑える抗酸化作用をさらに高めるためビタミンC誘導体やコエンザイムQ10、アスタキサンチンといった抗酸化成分、またはコラーゲンやエラスチンといった成分もオススメです。

 

美容目的だけでなく、中高年の若々しい体作り、病気予防に相乗効果が期待できるでしょう。

 

ペプチドばかり摂取するのではなく、こうした自分の目的に併せて最良の組み合わせを考えながら摂取環境を検討していくことでペプチド本来の働きをさらに高めていくことができるはずです。

ペプチドには副作用はある?

ペプチド自体には副作用はない

ペプチドの副作用

ペプチドはアミノ酸が結合されて作られた成分ですから、安全性が非常に高い点も大きなメリットです。

 

サプリメントだけでなく日常の食品にも含まれている身近な成分である点も特徴として挙げられるでしょう。

 

ですから日々の生活におけるペプチド摂取に関してはとくに注意点といえるようなものはなく、ペプチド摂取による深刻な副作用といったものも報告されていません

 

摂取のタイミングに関しては目的や使用状況、ペプチドの種類によって多少違いが見られますが、だからといって間違った摂取方法だと体に深刻な影響をもたらすといったこともありません。

 

血圧お茶ペプチド副作用

気になる副作用に関してもペプチドそのものの副作用に関する報告はなく、まず問題なく摂取できるといってもよいでしょう。

 

たとえば筋トレを行っている方の中にはトレーニング後に大量のプロテイン(ホエイペプチド)を摂取しているケースもありますが、それで何か問題が生じるということも滅多にありません。

 

こうした理由からペプチドは安心して摂取できる成分といえるわけですが、だからといって注意点は何もない、どんな摂り方をしても大丈夫というわけでは決してありません。

 

摂取していくうえでいくつかの注意点があります。まずアレルギーの問題

ペプチド以外の成分の過剰摂取には注意

ペプチドの副作用

とくに乳製品由来のホエイペプチドの場合、乳製品アレルギーを持っている人が摂取すると症状があらわれる可能性があります

 

プロテインの場合は牛乳に混ぜて摂取することもあるので要注意です。牛乳だけならとくに問題がない人もペプチドと併せて摂取すると症状があらわれるかもしれません。

 

少しでも気になる症状が見られたらすぐに服用を中止しましょう。

 

それから大豆由来のペプチドを摂取する場合でもアレルギーには注意が必要ですが、加えて大豆に含まれている他の成分の過剰摂取にも注意したいところです。

 

血圧お茶ペプチド副作用

サプリメントにしろ食事にしろ大豆由来のペプチドと一緒に大豆イソフラボンのような成分も一緒に摂取するケースが多く、それらの過剰摂取が思わぬ副作用をもたらすケースもあります。

 

サプリメントの場合はペプチドのみを配合したものではなく他の成分も併せて配合されているものがほとんどですから、他の成分も副作用や過剰摂取のリスクにも意識を向けておくようにしましょう。

 

こうした注意点さえ踏まえておけばペプチドを日々の生活の中で安全に摂取していくことができるはずです。

 

最低限のポイントとして踏まえておきましょう。自分が摂取するペプチドの種類、摂取する方法などは最低限確認しておくことが不可欠です。
血圧対策で使ってみたい健康茶口コミ人気ランキング>>